革の手入れにワセリン
死にぞこないの革にザオリク

Home | Profile | Blog | Collection | Column | Books | Links

    ご家庭にこりぁもう駄目だ!という革製品はありませんか?

    いやきっとあるはず。いや、普通はないかも・・・
    
    古着屋とか古道具屋でなんか惹かれて買ってきてみたものの、革がもう死んでますってやつ。
    そんな時です。ミンクオイルを塗ってみたり、レザークリームを塗ってみることが多いかと思いますが、
    もっとすごいのがあるんですよ。それが『ワセリン』

    まあ、ワセリンについての説明はめんどいので自分でお調べ下さい。
    そんなわけで今回試すのは古着屋で購入してきたこのリュック


    

        古い。それに臭いし・・・

     

   で、革がカッピカピです。死にぞこないですね〜。
   ミンクオイルをぬってもこの状態ですから・・・・
   
   ここで『ワセリン』の出番!

   
   薬局とかで売ってます。安いです。300円くらいです。

   これを塗り塗り

    
   そして24時間放置して・・・
   残ったワセリンをふき取ると・・・

   
    

   

   まあ、わかりにくいんだけど、なんとなくしっとりした感じでしょ?
   革は、まずやわらかくなると思いますので、A−2とかには不向きだと思います。
   本当にカッピカピの革に使ってみてください。小学生の頃やったグローブにワセリン塗りませんでした?(そんなのおっさんだけ?)
   そんな感覚で塗ってもらえるといいかも。
   それから、ワセリンって鉱物系のオイルなんで革に塗るのは自然じゃないっていえば自然じゃないんで
   自分で判断してやってみてください。まあ、ボクは最後の最後の手段として使ってます。ザオリクですね。



もどる
inserted by FC2 system