ウエアハウス 1001XX
15周年記念モデル

Home | Profile | Blog | Collection | Column | Books | Links



 ウエアハウス 1001XX15周年記念モデル買っちゃいました。
数年前、ウエアハウスが、「1001XXはもう作りません」と言って、当時、1001XXをストックするため買いあさったのがまるでウソのようです
┐(´д`)┌

・・・こうやってボクは生涯ウエアハウスのジーンズを買うことでしょう(笑)

さてさて、本題ですが、今回のジーンズ1001XX15周年記念モデルですが、今までのモノとなにが違うのかと言えば、たいして大きな違いはなさそうです。

もはや完成の域まで来てしまったジーンズなのでしょう。



WAREHOUSE ウエアハウス 1001XX 15周年記念モデル


スポンサーリンク








 
生地は、現在Lot700とか800に使用されている、いわゆる酸化デニムではなく、アメリカのメンフィス綿を使用した生地だそうです。以前のふれこみだと穿き心地の良い生地でさわやかな色落ちをしていく生地だったかと思います。
 また、シルエットは以前の1001XXよりも若干股上が浅く作られているそうで、尻のフィット感が向上しているそうです。








 鉄製のボタンといい、酸化されたリベットといい、セルビッチデニムだとかは、そこらへんの安物ジーンズでは絶対に味わえないデティール。ただそれを絶賛するのは完全に自己満足の世界・・・だれに見せびらかすわけでもないですからね〜(笑)





 そして懐かしい、水牛パッチヽ(´ー`)ノ
現行のパッチもよいですが、こちらも雰囲気あります^^





 そしてなぞの厚紙チケット・・・洗濯したらとれちゃうとか。
なぜ?これをつけたのか???




〜まとめ〜
 落ちはあるとはいえ(厚紙チケット)、完成されたジーンズです。もはやジャパンジーンズの代表、名品といっても過言ではないジーンズなのでしょう。限定発売となっているようですが、また5年とか経ったら、しれっと20周年記念とかで1001XXだすんでしょうかね(笑)
 赤タブがないのは寂しいですが、その分?お値段は安いです。5千円くらい。

・・・ということは、赤タブ5千円?( ̄▽ ̄;)





2010.4.8


Back | Next

Copyright(C) ジーンズサイトさめー All Rights Reserved.

inserted by FC2 system